学校リスクマネジメント推進機構:地域・市民に愛される学校作りのお手伝い
入会をご検討の学校関係者様
入会のご案内・会員校の声



お問い合わせ






トップページ
新着情報
会員サービス・会員校の声
教職員向研修
学校リスクマネジメント推進機構について
運営事務局のご案内


  運営

レリーフポイント株式会社
〒102-0074
東京都千代田区九段南
3-2-15 富士ビル 2F

TEL:03-3221-5657
FAX:03-3221-5658

 
 

Top > 会員サービス・会員校の声

子ども・教職員・保護者の安全と安心の
ために是非ご入会下さい。


(私立学校)会員サービス・会員校の声
※公立学校は区市町村単位で地域のニーズに合わせたご契約が可能。また、個人で会員登録することもできます。(公立限定)


会員への約束

会員から当機構へ相談があった場合、

遅くても24時間以内に現在までの実績や専門性から導き

出された、
最適なアドバイスを提供することを約束します


会員校はリスク対応資質基準をクリアし、
リスクマネジメント・危機管理を推進することで、教育環境を整備し、社会的な責任を積極的に果たそうとしている学校です

学校リスクマネジメント推進機構ではご入会に際し、独自の基準で審査をおこなっています。審査項目の柱として重視しているところは、トップの倫理や誠実性、学校の文化、気風等、いわゆる統制環境と呼ばれる要素です。会員校は、一定の基準をクリアし、問題に適切に備え、取組むことができる学校です。
入会チェック


会員校は子ども達に学びの場を提供する学校としての「社会的責任を果たす」ために、様々な損失の可能性を秘めている“リスク”をできるだけコントロールして、危機の発生頻度を低減させる努力をしています。しかし、それでも残念ながら危機の発生自体をゼロにすることはできないため、万が一に備え、危機が発生した場合でも、その影響度を少しでも軽減させるためのサポートを同時に受けながら、「社会から評価される安心・安全で明るい学校づくり」に積極的に取り組んでいます。

※このような取り組みや審査結果を学校評価に記載することも可能です。専門学校や大学の法人本部もご入会いただいております。※地方の学校でも
対応可能な会員種がございます。

会員校は教職員が危機管理を定期的に学べる仕組みと、実務支援体制が整備されています


1.危機発生時の緊急支援体制の整備
会員校は不祥事、情報漏洩などの危機が発生した場合、子どもや関係者の安全性を確保するため、その影響度を抑制する緊急支援を専門家から受けられる体制が整備されています。

2.日常的な危機管理相談窓口の整備

会員校は学校で発生する様々な危機管理問題に対する助言を、専門家から日常的に受けられる体制が整備されております。

3.教職員の危機管理レベル向上の仕組が整備
会員校は年に6回程度、不祥事防止、情報管理、震災対応などの危機管理研修会に参加し、教職員の危機管理レベルを向上させられる体制が整備されています。

4.危機管理についての情報量が増える仕組が整備
会員校は当機構スタッフの訪問により随時最新の危機管理情報を入手しています。
これらの情報を蓄積することで危機管理問題の解決策の質を高められる体制が整備されております。


サポート体制
会員校はリスクを積極的に管理し、子どもや保護者が安心・安全を感じられる教育環境の整備に積極的に取り組み、社会的な責任を果たそうとしている学校です。

※上記支援体制は会員種によって異なります。

学校保健安全法を遵守するために・・・・
大学まで適用、専門学校準用

〇学校保健安全法 一部抜粋
学校の設置者には学校保健安全法で「児童生徒等の安全を確保するため、その設置する学校において、事故、加害行為、災害等により児童生徒等に生ずる危険を防止し、及び事故等により児童生徒等に危険又は危害が現に生じた場合において適切に対処することができるよう、当該学校の施設及び設備並びに管理運営体制の整備充実その他の必要な措置を講ずること」が責務として定められております。

つまり、学校は法律上、危機の発生を防止するための「学校リスクマネジメント」と、危機が発生した際の影響度を低減させる「学校危機管理」の体制を整備しなければならないということです。

当機構の会員校はこの法律を遵守すべく、こどもの安全・安心に注力し、学校に課せられた責務を果たそうとしている誠実で安全意識の高い学校です

保護者の方は是非学校選びの参考にしてください。


会員校の声(抜粋)

積極的に危機管理を推進し、こどもや関係者等の生命・身体・財産等の保護に真剣に取り組むために学校リスクマネジメントを推進している会員校の一部を抜粋してご紹介しております。

◆東京都 学校法人矢野学園 
 八王子実践高等学校、中学校、幼稚園 様




◆千葉県 学校法人 廣池学園
 麗澤大学・麗澤中学高等学校 様
 




◆我々が学校リスクマネジメント推進機構への入会  を“推薦します”
    ※順不同(抜粋)

東京女子学園中学校高等学校
 「いざ」という時の判断や対応について準備をするに当たり、さまざまな対応事例の説明やリスクの原因やとらえ方など参考になりました。また、いじめ重大事態発生時の調査組織構成員登録があることも、本校のいじめ防止基本方針の検討や作成するに当たり活用させていただきました。初期対応を間違えることは、学校にとって大きなダメージを与えることとなり、何かあったら相談できるという「安心」は、非常に心強いことと考えています。今後とも宜しくお願い致します。

聖パウロ学園高等学校 校長 高橋 博 先生
 生徒や教員に伴う対応で助かりました。

佼成学園女子中学高等学校
 いつでも相談することが出きる安心感に救われる思いをしました。電話で相談してもすぐに対応してくださり、対処の方法や言い方まで具体的に教えていただきすぐに実践につながりました。

聖光学院中学高等学校 校長 工藤誠一 先生
 研修会で具体的な話を聞き、経験知識ともに卓抜した組織であることが理解できたので入会した。気軽に相談できる組織が見つかり気持ちの負担が軽くなった。

学校法人世田谷学園


学校法人東放学園


田園調布雙葉小学校

田園調布雙葉中学高等学校
 

国際理容美容専門学校 等々・・・



学校におけるリスクマネジメントの現実

学校を取り巻くリスクは多種多様であり、どれも適切に対応しなければなりません。直接的に人の「生命・身体・財産」を脅かすリスクは勿論、間接的に派生していく様々なリスクにも対策が必要となります。

リスクは、早急に管理する必要があります。危機が発生してからでは手遅れなのです。
万が一、対策をしていないまま、危機が発生した場合、責任者や担当者等が注意義務を怠ったとして責任追及されるケースも増えてきておりますが、何よりもこどもの安心安全を守ることが大切なのです。


学校の危機

リスクを管理せず、その場しのぎの対応を続けていると、子どもの安全や保護者の安心が損なわれ、学校や教職員はやがて致命傷を負うことに...
×安全・安心への配慮不足
×莫大な金銭被害
×評判の低下
×法的・社会的責任の追及(苦情の増加)
×精神的負担の増大
×精神的負担の増大による業務効率の低下や離職者の増加
×教職員の業務効率の低下や離職者増加による指導力の低下
×指導力の低下による子どもの学力・生活態度の悪化
×子どもの学力・生活態度の悪化による評判の低下(苦情の増加)
×評判の低下による入学者数の減少
×入学者数の減少による予算額の減少
×予算額の減少による業務負担の増加、報酬の減少、モチベーションの低下
×モチベーションの低下による改善意欲の衰退、教職員の質の悪化、苦情の増加・・・・
×学校の統合・消滅 など


お問合せ先 03-3221-5657

学校リスクマネジメント推進機構についてはこちらから

ページ先頭へ

 
Copyright (C) 2005 Relief Point ALL RIGHTS RESERVED ・ 特定商品取引法に伴う表示 ・ 個人情報保護方針 ・